手汗 足汗 対策

MENU

手汗足汗対策

手術は費用も高額ですし、体にメスを入れるのは誰だって怖いと思います。多汗症でも重度の患者の場合は病院で手術を勧められることもありますが、したたり落ちるほどの汗でなければ別の方法を考えましょう。

 

手汗は緊張やストレスによって汗をかきます。

 

そのため、自分なりのストレス発散方法を見つけたいところです。音楽を聞いたり、スポーツをしたり、ゆっくりお風呂につかっていい汗を流しましょう。しっかり汗をかいて老廃物を出すことで嫌な臭いもしなくなります。汗をふいた後にミョウバン水をスプレーしておけば殺菌効果もありすっきりします。

 

お風呂も大切

お風呂ではデオドラントソープを使うと皮脂がしっかり落ちて雑菌の繁殖を防いでくれます。お風呂の湯船にはクエン酸やお酢、木酢液、竹酢液、日本酒を入れてつかるとにおいを抑え、日本酒風呂はさらに汗腺のお掃除までできます。

 

かなり汗をかくので風呂上がりにはしっかりと水分補給をしましょう。風呂上がりにはデオドラントクリームを塗るのもおすすめです。汗を抑えて消臭効果があります。

 

手汗足汗対策効果は短くて良い?

手汗や足汗に悩んでいる方は、2〜3時間効果が得られれば十分という意見もあります。

 

効果の持続時間よりも、安心・安全を求める声が多くあるんです。そんな方には、「ファリネ」という手汗足汗対策用パウダーがおすすめです!

 

日本製で敏感肌の方でも安心して使うことができるんです♪

 

食事も大事です。野菜や食物繊維としっかりととって腸内環境をよくしましょう。梅干しやハーブティーがデトックス効果があってよいとされています。食生活を変えることで体質改善にもつながります。

手汗足汗の対策方法の種類って?

汗を抑えつつ匂いも軽減する方法がいくつかあります。
しかし、肌が乾燥するので使い過ぎには注意しましょう。

 

イソジン

消毒薬のイソジンは殺菌効果があり、乾燥も早いので汗をかくのを防ぐだけでなく、臭い予防にもなります。臭いの強い部分のみ塗ってもいいでしょう。

 

ミョウバン

ミョウバンは、かなり有名な手汗足汗対策ですね♪

 

スーパー、薬局で100円程度で簡単に手に入ります。水に溶けると酸性になり、雑菌の繁殖を抑え、においも抑えます。水で薄めてからスプレーしてもいいし、風呂にいれてもいいです。

 

10円玉

10円玉に使用されている銅が銅イオンを放出、バクテリアや雑菌を分解します。足の臭いが強い場合は靴に10円玉を10枚程度入れておき、履くときに取り出します。

 

そのまま靴を履いてしまうとカビが生えてしまうので注意しましょう!

 

お酢、クエン酸

お酢の主成分であるクエン酸は殺菌効果、肌を酸性に保つ働きがあります。バスタブに醸造酢か黒酢を入れると汗腺からクエン酸が吸収されて血行がよくなります。脱脂綿などに酢を浸して直接塗るのも有効です。

 

これに重層を加えるとさらに消臭効果が増します。

 

もっとお手軽に対策したい

これらの身の周りのモノでも簡単に手汗足汗対策できることがわかったと思います。

 

消臭効果のあるものを使い、食生活の改善、ストレス解消をしていけば徐々に汗の臭いが気にならなくなると思います。肉類やチーズ、アルコールなどを控えていきましょう。さっぱりとして和食中心の食事にしていくと匂いの軽減になります。リラックスして過ごしあまり気にしすぎないのも大事です。

 

でも、これらの対策って何だか面倒という方もいらっしゃると思います。
そんな方は、お金を出して手汗足汗対策グッズを購入するのが手っ取り早いです!

 

手汗足汗対策記事一覧

べたついた匂いの強い汗が出るようになったらエクリン汗腺のケアをしましょう。汗腺機能の低下を治すためには普段から汗をかいて汗腺機能を鍛える必要があります。汗腺トレーニング浴槽に43度程度のお湯をいれ、肘から下と膝から下の両手両足をお湯に入れて10分くらいあたためます。このお湯にぬるいお湯を足して36度くらいのぬるま湯に全身つかってリラックスします。お湯に酢を入れると効果が上がります。入浴後はタオルで...